Portfolio

Office

Blog 赤いシリーズ

おおらいのりよし氏の図録用ケースの画像

CL:生賴範義展実行委員会 DR:オーライタロー AD・D:三輪浩治 印刷:富士写真印刷   ⓒOhrai

生頼範義展 図録ケース

生頼氏の重量級の仕事を収納するケース。

 

図録3冊で合計700頁近い重量を収納するだけあって相当丈夫に作りました。

サイドデザインは中身のボリュームを予感させたり、小さなWEB画面でも映えるように賑やかに。A面は図録Ⅱに収録された作品を、B面は今回の図録Ⅲと拾遺集の作品から厳選。背表紙はクラシックな豪華さを演出する渋い金箔を配しました。

 

ワーク/美術品

おおらいのりよし氏の図録用ケースの試作様々なバージョンを作ったデザインサンプルの一部。

左から絢爛な金、すっきり銀、生頼グリーンをイメージした緑銀 等々。手触りの違った紙でも試作。

決まったのは、奇をてらわないアカデミックなもの。

本棚に並んでいる時は黒の塊をイメージ、氏の作品の重厚感を。取り出して周りを眺めると作品の量を感じさせる、数多くの作品を配したデザインになりました。

その後、製函所で1mm刻みでサンプルを作って貰い、重い図録がちゃんと 止まる、すっと出る 最適な寸法を検討しました。

印刷も原画に忠実に。細部まで丁寧につくって頂きました。

1962年から2015年まで、1000点オーバーの作品群を掲載した図録ケースはこうして作られました。

【クリエイティブ・クレジット凡例】CL:クライアント A:エージェント DR:デレクター AD:アートデレクター D:デザイナー P:フォトグラファー C:コピーライター I:イラストレーター M:モデル HP:ホームページ ST:スタイリスト

Copyright & copycⓒ:  三輪浩治  ADLOOK'S     All right reserved.