Portfolio

Office

Blog 赤いシリーズ

CL:生賴範義展実行委員会 DR:オーライタロー AD・D:三輪浩治 P:三輪浩治(原画) 印刷:富士写真印刷   ⓒOhrai

生頼範義展図録「生頼範義Ⅲ THE LAST ODYSSEY」

生頼範義展の図録の編集と装丁。

みやざきアートセンターからかのご依頼で図録の制作を承りました。
今回は仕様のお話。

アートセンター刊の生頼図録は全て印刷レベルを上げています。本を机に置いても、平たいまま見渡せる好評の「糸かがり製本」は、仕上げ精度を上げて更にスムーズに開くようにしました。仕上げ工程を機械加工から一部の工程を匠による手作業に切り換えたバージョン2.0です。

原画の色は今回もセンター長のシビアな監修のもと、製版の専門家が直接原画と照合調整。原画と図録の色ズレを限界まで縮めました。展覧会の感動をご自宅で再体験できるように心掛けました。

レイアウトはクラシックなグリッドシステム、これは大量の文字を掲載する聖書や大量の画像を載せる百科事典のレイアウトを参考にした方法で。奇をてらった画像配置では無く、大切なイラストレーションを淡々と見せるようにしました。

担当H様と丁寧に積み重ねた頁数は276頁、掲載イラストレーションは怒濤の406点。見返しには新たにアトリエで発見した素描をこの図録にだけ掲載しました。

担当者の方々や印刷会社などに助けられて、納得いくものが完成したことに感謝申し上げます。

Amazonにて好評販売中。[Amazonへ]

 

ワーク/美術品

【クリエイティブ・クレジット凡例】CL:クライアント A:エージェント DR:デレクター AD:アートデレクター D:デザイナー P:フォトグラファー C:コピーライター I:イラストレーター M:モデル HP:ホームページ ST:スタイリスト

Copyright & copycⓒ:  三輪浩治  ADLOOK'S     All right reserved.